ダイエットしたいなら、ジョギング前に筋トレをしろ!

ジョギングの前に筋トレをすると、体脂肪を更に燃やしてくれるです。


ダイエットで運動をしようと考えている女性は、まず取り組むのが、ジョギングやウォーキングですよね。

 

確かに、そうなんです。
体脂肪を燃やすには、有酸素運動が効果的というのは事実です。

 

それは、否定するつもりはありませんが、有酸素運動の前に筋トレをすると、もっと体脂肪が燃えやすくなるって知ってました?

 

有酸素運動前の筋トレが、体脂肪を燃やしやすくする理由

体脂肪は中性脂肪として、体にエネルギーとして蓄えられています。
体を動かすときは、この中性脂肪を消費するわけですが、中性脂肪はそのままではエネルギー源として使うことはできません。

 

 

中性脂肪が、遊離脂肪酸とグリセロールに分解されて初めて、エネルギー源として使われるのです。

 

で、どうすれば中性脂肪を、遊離脂肪酸とグリセロールに分解できるかというと、アドレナリンや成長ホルモンを分泌させて、ホルモン感受性リパーゼを刺激してあげる必要があります。

 

 

では、どうやってアドレナリンや成長ホルモンを分泌させるのがいいのかというと、記事タイトルにあるように筋トレが効果的なんです。

 

筋トレをすると、脳が「お、なんか激しい、きついこと始めやがったぜ・・・」って考えて、アドレナリンや成長ホルモンを分泌しはじめます。
そして、このアドレナリンや成長ホルモンが分泌することにより、ホルモン感受性リパーゼを活性化するため、中性脂肪が燃えやすい形になるんです。

 

 

詳しくはこちら
横浜市スポーツ医科学センター

 

 

 

まあ、小難しいことはどうでもいいですよ(笑)

 

 

ジョギング前に筋トレをしておくと、体脂肪が燃えやすい形になっているってことだけ覚えておいてくれれば、問題ないと思います(笑)

 

よく、聞きません?

 

ジョギングを始めて20分くらいからが、一番体脂肪が燃えやすいとか言われていること。

 

 

それは、こういう事なんですよ。
ジョギングも筋肉を使うわけでうから、脳が「ちっ!なんか激しいこと始めやがったぜ・・・」って考えて、アドレナリンなどの分泌を初めて、それによりホルモン感受性リパーゼを刺激することにより、体脂肪が燃え始めるってことです。

 

ジョギングと筋トレ、あなたはどっちが辛いと思います?

 

僕は、タバコを吸うのでジョギングはかなり辛いです(笑)
だから、ジョギングをする前は、距離や時間が短くてもしっかりと体脂肪を燃やせるように、ジョギングなどの有酸素運動の前に筋トレをするようにしています。

 

爽快な汗を掛けてジョギングするのが大好き♪って人は、無理に筋トレをやる必要はありませんが、僕のようにジョギングが苦手・・・と言う人は、ジョギングの前に筋トレをやってみると、その後のジョギングでの体脂肪の燃焼はとても効果的になると思いますよ。

 

ちなみに、筋トレして筋肉をつけると、太りにくい体になるので、ジョギングだけでダイエットをしようと考えている人も、後々のリバウンドとかを考えたら、ある程度の筋トレもしておいたほうがいいですよ。

 

筋トレをすると、リバウンドしにくい体になるってほんと?

 

 

ジムでも同じようにしてください

女性なら痩せたくない!って人は、本当に極々一部だと思います。
ほとんどの女性が、ダイエット成功したいとか考えていると思うので、体脂肪を効率よく燃焼させるために、ジムでもまずは筋肉系の器具から始めるようにしてください。

 

ある程度、筋肉系の器具で体をいじめて、体脂肪を燃焼しやすい形にしておいてから、その後ランニングマシーンを使うと、とても効率よく体脂肪を落とせるようになりますよ。

 

これは、是非参考にしてください!!

トップへ戻る